banner

増税前と増税

増税前と増税後の中古車オークションについて

増税前は消費税が5パーセントでしたが、増税後は消費税が8パーセントになりました。その結果すべての商品の値段は消費者の観点からみれば高くなってしまいましたが、それは中古車の購入の場合でも同じです。さらに車というのは一般的に高額ですので、その税金額も大きくなりますので、たかが3パーセントの上昇でも車にかかる場合には2・3万円の違いになるのだから笑えません。

そのためにも車を購入するというときには損をしない買い物をすることが必要になってきます。そういうことを考えると新車を購入することが最も確実です。新車というのは最近出た新しい車でモデルもパーツもどれもが新しい車ですので、価値はその値段分の価値があります。しかも新車を販売してくれるお店はほとんどがメーカーの専門店ですので、自社の車を乗ってもらうためにいろいろとサービスを行ってくれるところが多いです。そのため確実に得をしたいなら新車を購入することが重要となってきます。

しかし新車の値段というのは非常に高く、だれでもその購入の際にはローン契約を組んで何年かかけてゆっくりと返済してゆくものです。しかしそれでは毎月の負担がかかってしまい数年は無理をすることができなくなるので、中古車を購入したほうが自由ではあります。

中古車を購入するというときには、オークションと販売店のどちらかで購入するということになりますが、どちらで購入するとしても中古車というのは傷や故障があることが当たり前ですので、その点については注意をして購入する必要があります。中古車であればちょっとしたキズがあることは当然ですが、中には走ることができない故障を内包するものがありますので、そういった車はしっかりと事前に見分けていかないと、基本的にクレームや返品は受け付けてもらえませんので、その車を修理して使い続けるということになります。

オークションでは遠隔地同士のもので契約を行うことになりますので、その情報のやり取りに注意をして、もし必要な情報を公開されていないという場合には、しっかりと公開を請求するようにしてそれでも公開してくれないなら契約はやめておきましょう。オークションでは落札後のキャンセルは基本的に禁止されていますが、それでも相手がこちらの申し込んだ条件にこたえてくれないのであれば契約は行わないかどうかは自由ですので、気にせずに契約を行わないようにしましょう。
このようにしていい中古車を見つけましょう。

Copyright(c) 2014 中古車オークションの相場台数とは?All Rights Reserved.