banner

基準となる評価点

中古車オークションで基準となる評価点

中古車オークションでは車両の情報が記載された出品票を元に落札する車両を決めていきますが、出品票に記載されている内容には限りがありますので車両のコンディションを確実に把握することは難しいと言えます。出品票では車両の状態を表すために評価点が付けられています。簡単にいえば出品された車両の総合点となりますが、外装点と内装点、走行距離などを総合的に評価した点数となります。中古車オークションで車両を落札するには、会場で直接応札する場合とインターネットを利用して応札する場合があります。会場で応札する場合にはセリを待つ間に下見を行うことができますので、出品票に記載されていない項目について確認することが可能です。一方でインターネットから応札する場合には車両の画像と出品票が頼りとなりますので、評価点が車両のコンディションを示す基準となってくるのです。出品票の車両情報は出品者が記入しますが、評価点に関してはオークション会場の検査員が行いますので、第三者の公正な目線から判断した点数となります。内装点も外装点も同じですが、最高のAランクから最低のEランクまでの分類があり、内装点では補修の必要がなくそのまま販売できるものがAランクとなりますし、軽微な補修が必要、または商品価値を下げる状態がCランクとなります。最低のEランクでは大規模な補修が必要な状態となりますが、不具合を交換する前程であれば価格が安くなるというメリットもあります。外装点では最高のAランクでも3cm程度の傷が3ヶ所程度までの状態を示していますので、多少の修復で対応できる状態でもAランクとなるのです。中古車オークションでは免責が設けられており、3万円程度までの部品代はクレーム対応ができない規約があります。ですからボディのコンディションでは、免責程度までの傷や凹みがあってもAランクとなるのです。総合点となる評価点では、最高のSランクから最低のXランクまで細分化された区分によって評価されています。走行距離や内装点、外装点やコンディションを元に点数が算出されます。中古車オークションでは、インターネットから応札する場合には出品票の情報が全てとなりますので、落札する決める際には非常に重要なものになってきます。評価された点数によって車両のコンディションが分かりますが、実車を見なければわからない部分もあることは代行業者に依頼する際に理解しておくことが大切です。

Copyright(c) 2014 中古車オークションの相場台数とは?All Rights Reserved.