banner

必要な保証金とは

中古車オークションに必要な保証金とは

現在中古車市場に出回っている中古車の8割以上はオークションを経由して流通しているほど、中古車オークションは巨大な市場へと成長していますが、中古車オークションに参加することができるのは登録業者のみとなっています。ですから消費者が中古車販売店で車を購入するスタイルではオークションを利用できないのが普通です。消費者がオークションを利用するにはオークション代行業者に依頼して車を落札してもらう必要があります。オークション代行業者は数あるオークション会場を利用するために登録する必要があります。登録するには一定の条件がありますが、主催者の規約によって若干異なる部分があります。代行業者として登録するには、常設の営業所を持っていることや古物商の許可を得ていること、不動産を所有する2名以上の連帯保証人を付けること、代表者連帯保証があること、そして保証金を支払うことが登録条件となります。保証金はオークション会場によって異なりますので、事前に確認してから登録申請をすることが大切です。車を購入するだけではなく、オークション代行業者として開業するためには、条件を満たして登録をするところからはじめる必要があります。代行業者は、中古車オークションで落札した車を販売することで利益を得ています。しっかりとした整備工場を完備しているところもあれば販売するだけのところもありますので、中古車オークションで良い車両を手にするには代行業者選びがポイントになってきます。オークションでは車の全てを隅々まで確認することができないという点で一定のリスクを伴うことになります。もちろん不具合に関しては規約に定める範囲でクレームが効きますが、プロの査定士が応札することになるため暗黙の了解のようにクレーム処理はほとんど行われていない現実があります。ですから落札した車両に不具合があった場合には、自社工場を完備した代行業者でなければ良好な状態で車を受け取ることが困難となります。中古車オークションではオークション会場が複数存在しているため、代行業者はその中の一部の会場に登録していることになります。オークション会場によって流通ルートが異なるために、会場によって出品される車両数や質が異なることは当然のことです。よい車両を落札するには出品台数の多いオークション会場を利用することが基本となってきますので、どこの会場に登録しているのかもオークション代行業者を選ぶ基準となります。

Copyright(c) 2014 中古車オークションの相場台数とは?All Rights Reserved.